トップページへ戻る
医院紹介
ドクター紹介
院内ツアー
アクセスマップ
お知らせ

採血検査

採血検査

血液とは

血液検査は、さまざまな病気発見の第一歩です。

血液検査

心臓から出た血液は、体内の細胞へ栄養分と酸素を運びます。 毛細血管を流れる血液と細胞間で物質のやりとりが行われ、血液は静脈を通って心臓へ戻り肺へ送られます。

血液は大きく分けると「血球」という細胞成分と「血しょう」という液体成分から成り立っています。
血球には赤血球、白血球、血小板があり、それらが血液中の約45% 血しょうが約55%となってています。
それぞれ人体の大切な役目を果たし生命維持活動を行っています。
その血液や血管の汚れによって、全身に良い血液が行き渡らなかった時、人体には様々な障害が病気という形で現れてきます。

血液って何?

血液検査は、さまざまな病気発見の第一歩です。

血液の検査は1回で、数10項目にわたる測定が可能な幅の広いものです。
同じ血液でも、主に3つの方法で検査し、それぞれ以下のような病気の発見に役立ちます。

検査名 検査方法 見つかる異常・病気
血液一般検査 赤血球や白血球の数や形など血液そのもののチェック 貧血、腎不全、心筋梗塞、肝硬変、リウマチ、白血病、肺炎、胆のう、免疫不全、感染症など
血清学的検査 病気により発生した抗原抗体反応の様子をさぐる 肝炎、肝臓がん、肝硬変、心筋梗塞、悪性腫瘍、胆石、リウマチ、エイズ、感染症など
生化学的検査 血液中にまじる、たんぱく質、糖質、酵素などの成分を検査 肝炎、脂肪肝、肝臓・胆道の病気、糖尿病、各種のがん、心筋梗塞、心不全、高脂血症、脳血栓、甲状腺の病気、肺梗塞など

生活習慣の最も典型的な病は糖尿病と脂質異常症

血糖値や尿糖は、糖尿病診断の決め手ともなる検査です。
診断結果をもらって一番にこの項目を見る人も多いのでは?
飽食の現代、糖尿病はあまりにも一般化してしまい、特別重い病というイメージが無くなりつつあります。

 

しかし糖尿病の人の平均寿命は日本人全体から見ると約10年は短いと言われています。
「糖尿病そのものでは、そうそう死なないよ」と思われるかもしれませんが、糖尿病は「病気の母」と言われるほど、多くの合併症を起こすものなのです。
働き盛りの心筋梗塞による突然死の影には糖尿病が潜んでいます。

 

日本人の場合、総コレステロールの値が高くなくても、悪玉コレステロールや中性脂肪が高い場合、特に危険です。
動脈硬化を招き、心筋梗塞や脳梗塞等の重篤な病気を発症する前に治療を開始しましょう。

沈黙の臓器・肝臓の苦労

昨夜の飲みすぎ、ストレス、肥満・・・となると気になるのは肝臓・・・
肝臓は割合タフな臓器だけれど、ウイルスや酒、薬、脂肪のとりすぎ、糖尿病などによって大きな痛手を受ける事もあります。

 

「沈黙の臓器」と呼ばれ、タフなだけにダメージを受けても自覚症状がほとんどなく、治療が遅れ困難になってしまう事がしばしばあります。
だからこそ定期的に検査を受け、大切な肝臓の健康を見守る必要があります。

 

注目されるのは、GOTやGPT、γ-GTPといった数値。
GOTやGPTは肝臓の異常に敏感に反応する酵素で、臓器や組織にトラブルがあると高値になります。
肝炎や肝がんはもちろん、心筋梗塞などでも異常を示します。γ-GTPは特にアルコールなどによる肝臓障害に敏感な酵素で、肝臓や胆道の病気があると他の酵素より早く異常を示します。